チャンピックス

驚異の禁煙成功率を誇るチャンピックス

禁煙ブームがやって来て久しい昨今、禁煙を目指す人々の間で非常に多く利用されている禁煙補助薬があります。

 

 

それが、2008年に日本での発売が開始された「チャンピックス」という薬です。

 

 

この薬は、これまでの禁煙補助薬とは全く違った仕組みをもつ、画期的な薬なのです。

 

 

他の薬との一番の違いは、ニコチンを全く含んでいないという点です。

 

 

これまで多く使用されてきたニコチンガムやパッチなどは、ごく少量のニコチンをタバコに代えて摂取することで、喫煙したい衝動を抑えてタバコから離れることを目的としています。

 

 

しかしニコチンは体に有害な物質なので、少量と言えども体内に入れないほうが良いのは明白です。

 

 

一方チャンピックスは、その成分としてニコチンを全く含んでいません。

 

 

脳はニコチン受容体とニコチンが結合することで、ドーパミンという快楽を感じる物質を分泌します。

 

 

これによってニコチン=タバコ=快楽というように脳が覚えてしまい、タバコを辞められなくなるのです。

 

 

チャンピックスはニコチンを含んでいないにも関わらず、主成分がニコチンと同じようにニコチン受容体と結合するのです。

 

 

そして同じようにドーパミンが分泌されるため、タバコを吸わなくても充足感を得られるのです。

 

 

しかも身体に害なく禁煙を成功させることができるため、多くの人の支持を得ています。

 

禁煙成功率の高さの秘密。

2007年には薬のノーベル賞とも言われるガリアン賞も受賞し、高い効果と画期的な仕組みが評価されているのです。

 

 

一般的に何も使用しない自力での禁煙の成功率は5%未満、ニコチンガムやパッチなどを使用した方法でもわずか10〜20%であり、禁煙はなかなか成功しないものです。

 

 

しかしチャンピックスの成功率は、なんと44%であると報告されています。

 

 

その高い成功率の秘密は、辛い思いを全くせずに取り組めることにあります。

 

 

なんとこの薬、服用し始めて最初の1週間はタバコを吸っても良いのです。

 

 

しかしタバコを吸ったところで、脳のニコチン受容体はすでに薬の成分と結合しているため、これまでのように美味しく感じることはありません。

 

 

これを繰り返すことでタバコを吸いたいという気持ち自体が徐々に減少し、1週間以内にタバコから苦痛なく離れられる人が多いのです。

 

 

約12週間服用して禁煙するスケジュールが一般的で、1日1回、もしくは2回まで服用すれば良いとなっています。

 

 

この手軽さも人気の理由です。

 

 

もし服用してみたい場合は、必ず医師の診察を受け、指導に従って行うようにしましょう。

 

チャンピックスで禁煙ができる

一度タバコの味を覚えてしまうと、途中で止めるのは難しいといわれています。

 

 

なぜなら、タバコにはニコチンが含まれており、依存状態を引き起こしてしまうからです。

 

 

脳内にあるニコチン受容体がニコチンを受け入れることによってドーパミンを放出させ快感を感じてしまうのです。

 

 

そのため、タバコを止めたいという強い意志があっても、禁煙を成功させるのが困難になってしまいます。

 

 

禁煙治療薬のチャンピックスは、このニコチン中毒の状態を断ち切ってくれる効果があります。

 

 

このお薬には、「バレニクリン酒石酸塩」という有効成分が含まれており、少量のドーパミンを放出してくれます。

 

 

バレニクリン酒石酸塩の働きによって、ニコチン切れによるイライラや不安感を和らげてくれ、タバコが吸いたいという衝動が抑えられるようになるのです。

 

 

そのため、ストレスを感じることなく、スムーズに禁煙に成功させることが可能になります。

 

 

このチャンピックスは、医療機関に行けば処方を受けることができます。

 

 

禁煙治療を専門に行っているクリニックに行くのが一番良いかもしれません。

 

 

そのようなクリニックでは禁煙に関する専門の医師がいますから、お薬に関する最適なアドバイスを受けることができます。

 

 

場合によっては保険の適用となることもありますので、医師とよく相談してみてください。

 

自然に禁煙できるようになります。

保険の適用となった場合の費用は、15,000円から20,000円程度となっていますが、海外医薬品であれば同じチャンピックスが、かなり安い価格で購入できるのでおすすめです。

 

 

チャンピックスは、禁煙開始予定日の1週間前から服用を開始します。

 

 

1週間の間はもしもタバコを吸いたいという衝動が抑えられなくなったら、喫煙しても問題ありません。

 

 

8日目からは、本格的な喫煙開始のスタートなります。

 

 

合計で12週間、薬を服用していくことによって、自然に喫煙に成功できるようになります。

 

 

ただ、中には途中で我慢できなくなり、衝動的にタバコを吸ってしまう方もいるようです。

 

 

禁煙開始から、1週間から2週間の間はタバコを吸いたく無くなる方も多いのでそれほど気にすることはありません。

 

 

また、人によっては、副作用を感じてしまう方もいるようです。

 

 

副作用の主な例としては、吐き気、便秘、眠気などの症状があります。

 

 

気分の落ち込み、不安感、孤独感など、精神的な面に影響が出てしまう方もいるようです。

 

 

もしも、副作用が強く出るようでしたら、直ちに服用を中止してすぐに病院へ行ってください。

 

 

医師のアドバイスを受けながら、服用を考えるようにした方がよいでしょう。